引き出物を購入するコツ~需要を把握することが大切~

a nice day

最適な引き出物とは『真心を込めて贈ろう』

いろいろある

食品から日用品、オブジェなどさまざまなものがあるので、ターゲット層を絞る必要がありそうです。それでも困った時は、下記に掲載されているランキングを参考にしてみると良いでしょう。

人気の引き出物ランキング

no.1

ハート型のクッキー

ハート型にかたどられて、ピンクやブルー、グリーンなどポップなカラーがあるクッキーが登場しています。これなら、結婚式の引き出物と分かりやすいですし、見た目も可愛いので選ばれているのです。

no.2

高級タオル

普通のタオルだと物足りないと感じてしまうかもしれませんが、上品なゴールドやシルバーの包みにくるまれたこちらのアイテムは手触りもいいので、老若男女問わず使ってもらえるでしょう。

no.3

お茶

お茶は飲み切りサイズのものから、数カ月はもつ量のものがあるので、そこにも注目してみると良いでしょう。また、アレルギーの方もほとんどいないので、誰でも美味しく口にしてもらうことができます。

no.4

お米

日本人の主食として知られているお米は、今では結婚式の引き出物としても扱われるようになっています。賞味期限が長くなっているので、一人暮らしの方でも余らすことがないでしょう。

no.5

グラス

引き出物とすぐに分かるようなものは、その家族しか使うことができません。しかしスタイリッシュなグラスであれば、普段使いから来客用にも使用することができるので、人気があります。

引き出物を購入するコツ~需要を把握することが大切~

プレゼント

おもてなしの心

忙しい時間を割いてわざわざ結婚式に足を運んでくれたお礼として、古来から引き出物を渡す習慣となっています。そして、昔は紅白饅頭が一般的でしたが、カタログギフトをそのまま渡すことができたり、いかにも高級そうな食材を贈ることも可能です。

数には気を付ける

結婚式では別れを意味する言葉や数字を連想させるのがタブーとなっているので、引き出物に入れる時は奇数を念頭に置いておくと良いでしょう。商品にもよりますが、3~5個用意する人が多いようです。

引き出物の相場は

基本的に引き出物の相場は一人5000円~8500円が適正とされています。その振り分けとして、家族や親せきなら5000円、上司やお世話になった方には8000円の商品を渡すようにすると良いでしょう。また、お祝儀の金額が多かったのであれば、後からその差額分をプレゼントするのが常識となっています。

心得

大切な人に贈るものなので、よく考えて商品を選びましょう。生ものは保存方法などに注意が必要なため、なるべく避けましょう。もらった人が扱いやすいものを選ぶように意識することが大切です。

広告募集中